任意整理中はクレジットカードは新規で作れる?

クレジットカードを利用した決済は、買い物やサービスの代金の支払いを後回しにでき、ケースによっては何度かに分割して支払うことができるので非常に便利です。そのため、クレジットカードは生活をしていく上でできるだけ1枚は所持しておきたいところです。

しかし、カードを新規につくる際に、タイミングによってはつくることができない場合があります。そのケースの一つとしてあげられるのが、申し込もうとしているタイミングが任意整理中だった場合です。なぜ任意整理中につくることができないのかというと、信用情報機関が管理しているデータベースに任意整理中である旨が記録されるからです。日本には政府から指定を受けた信用情報機関がいくつかありますが、これらの機関で管理されている信用情報には、クレジットカードの契約情報や、契約者の個人情報、利用履歴だけでなく、ネガティブな情報も登録される仕組みになっており、債務整理を実施した場合も当然登録の対象となります。もし、債務整理を行った事実が記録されると、当面の間は新規にクレジットカードの入会申込みをすることができなくなります。カードを所持できなくなる期間の決め方は信用情報機関によって異なりますが、おおむね登録されてから5年程度経過しなければ新たにカードを持つことはできないでしょう。

なお、信用情報機関にネガティブな情報が登録されている間は、銀行や消費者金融からお金を借りることも極めて困難になります。任意整理中は新たにカードを持ったり、お金を借りたりしようとはせずに、生活基盤を再構築することに注力した方が良いでしょう。