fax番号でもモビットへの必要書類は提出できる

申し込みをモビットにするとそこから必要書類の提出も行っていかなくてはなりません。
必要書類となるのは基本は本人確認書類のみとなりますが、モビット増額審査や現在の他社からの借り入れ状況によっては収入証明書類も用意しなくてはなりません。

本人確認書類の提出は、fax番号、郵送、もしくはパソコンやスマートフォンからの画像送信で行うことができます。
カメラで撮影した本人確認書類をメールに添付して送信するという方法です。
最も簡単ではありますが、本人確認書類を消費者金融宛にインターネットを通して送信するということに不安を感じる方もいるかもしれません。
以外にも間違いのない最も安全な方法としてはfaxとなるでしょう。

本人確認書類として認められているのは運転免許証です。
運転免許証がない場合に限って健康保険証やパスポートが認められていますが、その他での対応はありません。
また本人確認書類に記載されている住所などが現在のものに変更がされていない時には手続きが異なります。
運転免許証に記載されている住所が異なる場合には、健康保険証やパスポートで現住所が記入されているものをあわせて提出しなくてはなりません。
いずれも現住所が記載されていない場合には、本人確認書類の住所変更手続きが完了してからでなければモビットでの受け付けはありません。

申込者本人であることを証明する大切な書類です。
本人確認書類提出の際には取り扱いには注意しましょう。

アコムで80万円を借りるなら銀行も検討しよう

どうしても今必要な借り入れ金額が80万円や90万円、さらには100万円という高額な場合、はっきりと言えばアコムなどの消費者金融ではかなり難しいと言えます。
消費者金融は総量規制で決められた範囲外の貸し付けをすることができません。
その範囲というのは年収の3分の1。
例えば80万円お借入れをするためには最低でも年収が240万円必要になります。
とはいっても、年収の3分の1がそのまま限度額になるわけではありませんし、審査が行われ返済が可能とされる金額が限度額になります。

借り入れ金額を大きく考えているのであれば銀行も検討してみましょう。
審査が厳しいと思われるかもしれませんが、現在他社からの借り入れがないのであれば消費者金融と大差ないアコム審査基準です。
そうなると銀行の借り入れは金利も低くなっていますので返済もしやすくなるでしょう。
銀行の特徴としては借入限度額によって金利が決まっていること、そして借入限度額が大きくなるにつれて金利が低くなることにあります。
金利によって利息が変わってきますがこの利息は元金以外にプラスして支払う手数料のようなものです。
そのため元金には一切充当されない金額となりますので抑えておかなくてはなりません。
借り入れる金額が大きくなると当然のことながら返済は長くなります。
返済が長くなるとそれだけ日割りの利息はどんどんと支払い続けていかなくてはならないこととなります。
少しでも金利が低いところを探してみましょう。

消費者金融会社の一覧は口コミをチェック

消費者金融会社の一覧を見るときには、口コミをチェックして、それぞれの良い点悪い点を把握し、自分にあっていそうなのを選ぶのが、満足できる消費者金融会社を選ぶ際にコツです。口コミは、実際にサービスを使った人の評価なので、使う前の自分でもそれを読むことで使った人の立場に立ってサービスの評価ができるようになります。その点で、消費者金融会社の一覧をただ見て比較する場合に比べて、どれが良いのかという判断がしやすくなります。
もちろん、これは、あくまで個人の感想であり、また、ネットの特性上匿名性が高いため、本当に利用したことのある人が書いたとは限りません。その点には注意をする必要があります。もしその情報が嘘であれば、それを基にサービスを選ぶことの意味がなくなります。そのため、情報は取捨選択をして活用するようにしましょう。
口コミを利用する際に見分ける方法ですが、まず一つは、プラスの情報だけが書いてあり、不自然に持ち上げている文章は、偽物の可能性がありますので排除しましょう。二つは、抽象的であったり、短文であったりして、内容が有って無いような文章も、利用した人が書いていない可能性があります。以上の点を除いて特に活用できるのは、具体的で、利用しないと書けないような詳細な文章です。それならば、嘘が混じっている可能性は下がります。当然、それでも100パーセントではありませんので、最終的には自分の判断でそれを参考にするかどうかを決めてください。

任意整理中はクレジットカードは新規で作れる?

クレジットカードを利用した決済は、買い物やサービスの代金の支払いを後回しにでき、ケースによっては何度かに分割して支払うことができるので非常に便利です。そのため、クレジットカードは生活をしていく上でできるだけ1枚は所持しておきたいところです。

しかし、カードを新規につくる際に、タイミングによってはつくることができない場合があります。そのケースの一つとしてあげられるのが、申し込もうとしているタイミングが任意整理中だった場合です。なぜ任意整理中につくることができないのかというと、信用情報機関が管理しているデータベースに任意整理中である旨が記録されるからです。日本には政府から指定を受けた信用情報機関がいくつかありますが、これらの機関で管理されている信用情報には、クレジットカードの契約情報や、契約者の個人情報、利用履歴だけでなく、ネガティブな情報も登録される仕組みになっており、債務整理を実施した場合も当然登録の対象となります。もし、債務整理を行った事実が記録されると、当面の間は新規にクレジットカードの入会申込みをすることができなくなります。カードを所持できなくなる期間の決め方は信用情報機関によって異なりますが、おおむね登録されてから5年程度経過しなければ新たにカードを持つことはできないでしょう。

なお、信用情報機関にネガティブな情報が登録されている間は、銀行や消費者金融からお金を借りることも極めて困難になります。任意整理中は新たにカードを持ったり、お金を借りたりしようとはせずに、生活基盤を再構築することに注力した方が良いでしょう。